「アップデート」って

 

「ウィンドウズアップデート」は、あなたのパソコンを動かしている基本ソフト「ウィンドウズ」を最新の状態にする機能なのです。

パソコンといえども、そのソフトウェアは人間がこつこつと作り上げえたもの。

どうしたって完全無欠なものにはなりえないのです。

発売されてから欠陥が見つかることもありますし、全く新しい製品として発売されるまでにも小さな改良も日々行われています。

ちなみに「アップデート」というのは、英語で「最新のものにする」という意味です。ウィンドウズでは「98」以降に付け加えられた機能で、これを利用すれば機能の追加や不具合の修正もできるし、パソコンの安全性も高められるのです。

 

まず、「スタート」→「すべてのプログラム」→「Windows Update」を選択する。

画面の指示に従って進むと「Windows Updateへようこそ」というメッセージが表示されるので、その下にある更新をスキャンする」をクリック→「インストールする更新の選択」→「更新の確認とインストール」→「更新の確認とインストール」→「今すぐインストール」をクリックすると更新が始まる。

 

修正の内容によってはダウンロード、つまりパソコンへの取り込みに長い時間がかかることがあります。

だから、回線速度の遅い人(アナログ接続の人)には、あまりおすすめできない。

CD-ROMを利用してください。

アップデートの作業そのものは簡単ですが、アップデートしたために新たなトラブルが発生することもあります。

現在の使い方で不満足がないなら、どうしてもアップデートが必要というわけでもないのです。

 

注意:

「アップデート」をするときは、必ず「ウィルスソフト」を無効にしてください。

その方法は、画面右下下のタスクバー(青い帯)上にあるアイコン(ノートンの場合は地球印、バスターの場合は赤色の雷印)の上で、右クリックしメニュー画面の無効を選んでください。

ソフトを挿入したときは、必ず「スタート」→「終了オプション」→「再起動」をしてください。

そうするとウィルスソフトが自動的に起動してきます。

 

 

戻る

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO