ウィルスには、いろいろなタイプがあると聞きましたが

 

コンピューターウィルスを忍ばせた電子メールには、実にさまざまなタイプがあります。

まったく気づかないうちに感染し、そして気づかないうちに、他人にもばらまいてしまうタイプ。

そして、自動的にパソコンを台無しにする本来のウィルスとは違うが、ウィルスの危険性を知っている人の善意を逆手にとった、もっと後味の悪い次のようなウィルスまがいのタイプもあるのです。

 

あるとき、こんなメールを友人から受け取った人がいます。

「私宛に届いたメールが、ウィルスに感染していました。アドレス帳に登録しているすべての人にウィルスを送った可能性があります。」

親切にも、そのウィルスの見つけ方と除去方法まで記してあったのです。

ところが、これがまったくのウソの情報なのです。

このメールには、「あなただけでなく、あなたのアドレス帳にあるすべての人にも二次感染させている可能性があるので、その人たちにも同じ文面のメールを送ってください」と警告が添えられていて、実にずるがしこいのです。

気づかなかったといえ、自分がもとで相手にウィルスを送りつけてしまったのなら、アドレス帳にある人たちにお詫びと警告をかねて、同じ文面を早速送ったほうがよいと考えるのが人情でしょう。

ところが、このメール、自動的にウィルスをばら撒いているのではなく、その人が送ったメールに乗って感染を広げていく。

つまり、善意の人たちが次々と知人にメールを送ることによって広がっていく、いわゆる「チェーンメール」を利用した悪意の仕掛けなのです。

このメールに書かれている偽のウィルス退治法は、パソコンのファイル検索機能を使ってウィルスを探すように見せかけながら、もともとウィンドウズに備わっているファイルの一部を削除してしまう手順になっていているのです。

だから、これは本来の意味でのウィルスではなく、善意の人が、パソコンの機能を壊すような操作方法を次々に伝染させていく、たちの悪い手口のメールなのです。

ウィルスに感染しているかどうかの判断は、自分でしないでウィルスソフトに任せましょう。

ウィルスをばら撒く悪意のやからは、対策ソフトメーカーのプロの開発者といたちごっこを繰り広げるレベルの人たち。

とても素人の手には負えないのです。

 

 

戻る

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO