メールを開いただけで感染してしまうウィルスがあります

 

もともと電子メールは、単に文字が並んだ文章だけをやり取りするものだったが、しだいに、文字の大きさを好みで指定したり、画像や音楽を付け加えたりする機能が盛り込まれるようになりました。

これが「HTLM形式」のメールです。

この形式のメールは、表示の仕方をコントロールするための情報がメールの内部に書き込まれています。

その仕組みを悪用してウィルスに感染させるメールが、いろいろ出てきています。

以前は、ウィルスつきのメールが来ても、添付ファイルを開かなければウィルスプログラムが実行されませんでした。

もういまは、そんなのんきなことをいってはいられないのです。

メールの本分を表示させただけで、ウィルスに感染してしまうのです。

もちろん、受信しただけでは感染しませんが、メールソフトの「アウトルックエクスプレス」は、メールを選択するだけでメールリストの下部に本文が表示されてしまい、その際にウィルス入りのプログラムが実行されてしまいます。

これは、「プレビュー」という機能で、それはそれで便利なのですが、ウィルス感染が心配ならプレビュー機能を停止しておきましょう。

 

そのためには、「表示」→「レイアウト」→あらわれた画面の「プレビューウィンドウ」にある「プレビューウィンドウを表示する」のチェックを外しておきます。

 

これで、受信したメールをダブルクリックしない限りメッセージは開かず、怪しいメールが自動的に開いてウィルスに感染してしまうことはないのです。

こうした「インターネットエクスプローラ」の欠陥は、「アップデート」をすることによって、解消されます。

 

 

戻る

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO