メールを書くときのポイントは?

 

その1・

どんな相手に送る場合でも同じですが、日常会話や電話でいえないことを書くのはマナー違反です。

メールは手軽で便利なコミュニケーションですが、安易な気持ちで使っていいわけではありません。

電話でも手紙でもメールの基本は同じです。

実際に見えなくても向こう側には必ず人がいます。

特にメールの場合は、筆跡や声の調子、顔の表情などから相手の意思を読み取ることが出来るので、100%セント自分の考えが伝わらないこともあります。

言葉遣いや表現方法によっては誤解を招く場合もありますから、送信する前は何度も読み返し、相手のことを思いやりながらメッセージを書いてほしいです。

 

その2・返事の催促を出すタイミングは?

状況にもよりますが、プライベートなら最低一週間以上の期間をあけることをおすすめします。

相手が忙しくてメールをチェックできなかったり、旅行に言ったり、あるいはパソコンが壊れていたりして、返事が出せない場合も考えられます。

あまり頻繁に催促すると失礼になりますので、できれば1〜2週間の余裕を見てください。

ただし、個人サイトはビジネスと違って、必ず回答しなければならないような義務はありません。

ですから、例えば管理人さんなどに質問メールを出しても返事がない場合もあります。

しかし、返事がないからといってガッカリセズ、寛大な気持ちを持つことが大切です。

 

 

戻る

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO