デスクトップ画面といろいろなバー

デスクトップというのは、英語で「机の上」という意味です。

つまりデスクトップ画面というのは、仕事をする場所であり、そのときに使う

道具を揃えておく場所と理解してください。

まず、デスクトップ画面下の青い帯、これを「タスクバー」といいます。

現在、どのような応用ソフトが起動しているかが表示されているのです。

タスクバーと似た言葉に、「メニューバー」と「ツールバー」があります。

メニューバーとツールバーは、デスクトップの画面には出てこないが、

応用ソフトを起動させると、必ず表示されてくる。

ワードを立ち上げれば、このソフトウェアで出来ることが全て詰まった

「編集」、「表示」などの「メニューバー」が表示されてき、さらにその機能

のなかで、頻繁に使われるアイコンが「ツールバー」というバーに表示されてきます。

ここにあるアイコンをクリックすることで、ファイルを開いたり、プリンターで印刷したりといった操作が簡単に行えるのです。

メニューバーを使っても同じことが出来るのだが、ワンタッチボタンであるツールバーを使うほうが操作が少なくてすむので楽だ。

 

 

戻る

 

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO